そもそもマイニングって?

仮想通貨が話題になると、その通貨のがどのようにして世の中に出てくるのか、ということにも注目が集まります。今回は仮想通貨特有の新規通貨発行方法のマイニングについてまとめてみます。

このブログは初心者向けに正確性よりわかりやすさを優先するため、例え話で進めていこうと思います。

仮想通貨にしても日本円にしても、他人に送金する際には何らかの処理が必要になりますよね?

銀行の場合は振込手数料というものを銀行に払うことで送金をしてもらっています。では、仮想通貨の場合はどうでしょう。Bitcoinを始めとした仮想通貨のほとんどは銀行や国のような通貨の管理をする特定の団体が存在しません。

そうなると誰も送金の処理を行ってくれませんよね(笑)

仮想通貨の場合は自宅にあるパソコンを使って送金処理を肩代わりしてあげることで成り立っています。その際に肩代わりしてくれたお礼として報酬をいただいているわけです。

「パソコンで処理をしてあげて報酬を受け取る」ことをマイニングと言います。

この報酬がマイニングをする人たちのインセンティブになり、システムが回っていくわけです。

ここで気になるのが報酬はどのようにしてうみだされるのか

仮想通貨は法貨(円、ドルなど)と違い送金の際の手数料がとても少ないです。(現在は数円で変動することもあります)

手数料だけではマイニングをしてくれた人たちに支払うお金が足りません。(のちに手数料も上がるとは思いますが)

そこで新たに通貨をを発行しマイニングをしてくれた人たちに、支払います。

新たにお金を発行し続けるとインフレが起こり通貨の価値が低下してしまいますが、仮想通貨はあらかじめ発行する上限量が決まっており、年々新規通貨の発行量は減っていくようにプログラムされています。

このことがなぜ今マイニングをするのか、ということに繋がってきます。

~次回記事「なぜ今マイニングをするか」~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA