仮想通貨のマイニングに最適なPCパーツ

今回は仮想通貨をマイニングする際に一番効率がいいPCパーツをまとめてみたいと思います。

 

まずマイニングに置いて一番大事なパーツはグラフィックボード(GPU)です。

逆にいうとそれ以外は一番安いもので構いません。

(価格は変動するので具体的な構成は書きません。もし説明を読んでもわからない場合はコメントいただければと思います)

グラフィックボード

Radeon RX470 4GBモデルです。

色々なメーカーから出ていますが、一番安いものでいいです

CPU

CeleronシリーズのソケットがLGA1151のもので一番安いものでいいです。

マザーボード

マザーボードに求められるのはさせるグラフィックボードの多さです。

一番おすすめは6枚刺せるマザーボードです。

7枚させるものもありますが、不安定だったりして躓きやすいので6枚ので十分です。

具体的にはこのような商品です。

GIGABYTE
GA-Z170X-UD3 [Rev.1.0]

PCIeスロットが6レーンありますね。

 

メモリ

これもマザーボードに対応した一番安いものでいいです。

上記のマザーで使うならDDR4メモリと検索して価格コムで4GBで一番安いものでいいです。

 

電源

これに関しては何枚グラフィックボードをさすかによって変わります。

1枚あたり150wと見積もっておけばマザーボードなどを気にしなくてもいいです。

 

おすすめは2枚なら500〜600w

3枚なら700w〜

4枚なら1000w〜

をおすすめします。

電源は50%の出力が一番得意で効率{{何がとくいか?}}がいいです。

マイニングは24時間PCを付けっ放しにすることが望ましく、電気代が利益率に直結するので電源効率は大切です。

80plus Gold以上の電源を買いましょう。

ストレージ

HDDでいいです。SSDにする必要はありません。

ただSSDの方が省電力なので長い目で見ればいいかもしれませんが私はHDDを選択しました。

50GBもあればwindowsが入るので安いもので構いません。

OS

windows10を買ってください。

以上の構成でマイニングについてのコスパは最強です。

ここにもしゲームをするならCPUをいいものにしてみたりとカスタマイズしてみてください。

~次回記事「自作PCを組むときに気をつけること(マイニング編)」~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です