RX500シリーズのマイニング性能!

AMDが現在のRX400シリーズに続くRX500シリーズを出してきました!

今回はRX400シリーズとの比較、買い替えの必要はあるのかを調査していきたいと思います。

 

現在一般流通している機器で一番効率のいいパーツはRadeonのRX400シリーズです。

これに次の世代に当たるRX500シリーズ

果たして買い換える必要はあるのでしょうか。

 

Radeonというグラフィックボードが得意な処理で稼げる通貨としてイーサリアムというものがありますが、その通貨はメモリのクロック数が高いとより大きく稼げます。(ここに関して知らなくても大丈夫です)

 

ということは、RX400シリーズとRX500シリーズのメモリのクロック数を比べればいいということですね。

 

具体的な数字をあげてもピンとこないと思うので結果からいうと、、、

同じなんです!

 

RX500シリーズについてはメモリ以外の部分でアップグレードが行われているようで、マイニングに限っていうと、わざわざ買い換えるほどの意味はなさそうです。

 

故に新シリーズが出た現在でもRX400シリーズの中のRX470の4GBモデルが一番効率がいいというのは変わりませんでした。

マイニングのパーツを買う場合はぜひRX470の4GBモデルを!

(2017/6/6追記 現在は400シリーズは市場からなくなったため、500シリーズしか手に入りません)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA