マイニングを始めるなら電力自由化についてし知ろう!

マイニングというのは常にグラフィックボードが100%のパワーで動き大量の電気を消費します。故に省エネ設定にするだけでは限界があり、利益を最大化するためには電力の単価を安くする必要が出てきます。

今回は私が調べた中で(都内限定ですが)最良の電力事業者がありましたので途中でご紹介いたします。

 

その前にまず電力自由化の話から

端的にいうと好きな事業者から電気を買えるようになったというだけの話です。

ただこれがどういうことかというと普通に電力を買うと高いので自家発電をしている、ただ冬はエアコンがいらなくなるので発電能力があまり、勿体無い。この期間も発電をしてその電気を売れないか、というような事業者が普通に発電するより安く電気を売ったりできるようになるわけです(一般家庭向けに)

こうなるといかに発電コストを安くできるかが電気代に繋がってきます。

このように考えると安い電力事業者を見つけやすいです。

自社でエネルギー源の調達先を持っているか。

これは最近続々と電力業界に参入してきている業者のほとんどが自社で発電設備を持たず大手の電力会社から電気をまとめて買いそれを小分けにして売っていて、そうなると発電コストはどうにもできず、無駄な自社サービスをつけて一緒に決済させるなどしないと安く提供できないことになります。

いい例がネット回線や携帯回線の事業者です。

自社の携帯とセットで使うと安く、といううたい文句ですが、純粋に電気代で比べると都内の場合東京電力が一番安かったりします。

(8時間かけて計算したのでマイニングする人向けの電力消費だと、間違いないです)

石油会社やガス会社などは自社が調達したエネルギーで発電できるので、電気代自体も安く同時にガスやガソリンなど他のエネルギーについても安くなる場合が多いです。

 

私が丸一日かけて探した電力事業者でいちばん安い電力事業者はサニックス電気です

https://denki.sanix-pps.com/

ここがなぜ安いか。

ホームページを見た限りでは無駄な広告費をかけず社員さん自身が営業を行うことでコストカットをし、変なポイントなどをつけずとも電気料金自体を安くできているそうです。

 

具体的な数字をだしましょう。

常時1000wを使うマイニングマシンを作ったとします。

東京電力で1kWhあたり25円で計算すると1日で24kWh使うので

24kWh*25円=  600円です。

大半の家庭が加入している従量電灯Bの場合300kWh以上は1kWhあたり30円になるので1月の電気代が600円*30日よりも高くなります。

要するに使えば使うほど電気の単価が高くなっていくのでマイニングには不向きです。

 

サニックス電気はなぜマイニング向きなのか

自社で発電設備を持っています、そしてソーラーパネルの導入を進める企業で、導入したソーラーパネルから売電されたものを安く提供しています。

料金について

基本料金は約1000円と少し高いですが

1番の理由は電力単価が使っても使わなくても変わりません。

ずっと1kWhあたり21円です。

東京電力だと120kWhまでは19円なので120kWh未満しか月に使わない家庭は逆に損になりますがマイニングをする環境でそんなことあり得ないので気にしないでいいでしょう。

上と同じ計算をして見ましょう。

24kWh*21円=504円

どうでしょう。1日で約100円の差が出ました。

東京電力の方では単価が30円の段階を想定していないので実際は100円以上の差が開いています。

1日100円安くなると月にして3000円が利益として浮きます。さらにマシンを2台にしたら6000円です。

これを年間にしたらいくらでしょうか。。。

 

電力自由化でそんなに変わらないし、と思われている方が大半ですがマイニングをする方にはとても大きな問題です、これを知っているだけでもかなり電気代が変わってきますのでぜひご自分でも探して見てください。

ただ都内に住んでいる方は間違いなくサニックス電気一択です。

大手の比較サイトには出てきませんが、だからこそのやすさだと思います。

私はすでに契約を申し込みましたが担当の方もとても親切でした。

(なおステマではありません笑)

 

もし他にもおすすめの電力事業者がありましたら教えてください!

調べて記事にします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA