部屋の気温が35度に!?マイニングのときに気をつけることとは?

みなさんこんにちは

今回はマイニング始めたはいいがその後することがなくなり手持ち無沙汰になってしまった方へ、ほんとうにそれで大丈夫ですか?という意味も込めて、マイニングのときに気をくけたほうがいいことについて書いてみたいと思います。

 

1、安定性

少し技術的な話になってしまうのですが、マイニングをする際グラフィックボードのドライバのバージョンにより性能や安定性が変わることがあります。

いま現時点で途中でマイニングが止まったりすることがなければ良いのですが、他の環境と比べて性能が低いようなきがする、等あればドライバのバージョンについて調べてみることをおすすめします。(Radeonを使われてる方へのヒントは「Relive版はさけるが吉」です)

 

2、収益性

ここ数日でビットコインの暴落と暴騰がありました。私自身もバブル崩壊可と思いましたが、どこかの有識者の方が上昇が続いても高止まりしたままで前の価格に戻ることはないでしょう、と言っていたので私はそれを信じて特に保有しているビットコインを売ることはしませんでした。

ビットコインの価値の変動はマイニングの収益性に直に響いてきます。特にこのブログではアルトコイン(Bitcoin以外の通貨)のマイニングを勧めているのでBitcoinの価値が変動するとそれにつられて大きく動く傾向があります。(平気で2倍の差はでます)

そこで価値が変動しているのにもかかわらず常に同じ通貨を掘るのはマイナーとしてはとても危険だということです。

私も数回あったのですが価値の下落した通貨を掘り続けると電気代を下回ることがあります。ほとんどは一過性のものですぐに戻るのですが、もし戻らない場合は赤字を垂れ流す、もしくは他の通貨で得られたはずの見込み利益を手放すことになるので、トレードをしていないと言ってもマイナーもしっかりチャートを見たほうが良いです。

 

3、温度

記事のタイトルにもありましたが致命的に問題なのがこれです(笑)

私の環境では現在26台のグラボがフル稼働しているのですが、それの出す熱量が半端なく、ただ換気をするだけでは30度を超えたまま部屋の温度が下がりません。

部屋を閉めたまま寝てしまったのですが、朝起きたら部屋の温度は36度、、、正直出火したと思いました。

少々ネタで書いているところもありますが、海外の記事やブログを見るとケーブルが焦げている方もいらっしゃり、温度、電源周りの管理には特に細心の注意を払わないといけません。

(管理人もすでに1本ケーブルが熱で焦げました。)

 

冷却対策については別記事でまとめますのでそちらを参考にしてください!

 

また、マイニングについて質問や議論ができる場所を設けましたので、わからないこと、やってみたいけどまず何からすればいいのか、など初歩的なことでもいいので是非話しにきてください!

すでに始められてる方は、専門的なアドバイスや議論などもできますのでいろいろと情報交換しましょう!

こちらからご参加ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA