マイニングに一番適しているPCパーツとは?(マザボ編)

PCパーツは値段や性能など1ヶ月の同じことがありません。そこで今回は最近出てきた情報も加味して改めてパーツ選定をして見たいと思います!

 

今回の記事では特にマザーボード(以下マザボ)について書いてみようと思います。

前回の記事でも書いたように重要なのはグラボを挿せるスロットの数です。

なぜ重要なのかというと12枚のグラフィックボード(以下グラボ)でマイニングをしようとした時に3枚しか挿せないマザボと4枚挿せるマザボだと前者では後者では3枚、前者では4枚用意しなければならず、12枚掘るのに無駄にパーツを購入しないといけなくなります。

そこでなるべく1枚のマザボの構成で多くのグラボを接続できるようにすることで、CPUやメモリ、電源等のパーツの数を減らすことができます。もちろんですが無駄なコストも抑えられます。

 

現状私の環境では5枚構成で動かしています。

マザボには6枚のスロットがあるのですがなぜ5枚なのかというと、、、

不安定なんです。私の環境だけなのかもわかりませんが、この不安定(認識しない、クラッシュ等々)さはマイニングには致命的です。なぜならいくらパーツを購入するのにコストを削減できたとしても、頻繁にクラッシュし、稼働率が下がればその分だけ収益率も下がります。私はパーツが少し高かったとしても早く購入しいかに長くマイニングするかの方が重要と考えます。

そこで仕方なくではありますが5枚構成にすることで安定して動かせています。

1週間ほどは現在ノータッチで動いています。

 

と、いう現状を踏まえますと、いかに安く6スロットあるマザボを買うかではなく

いかに安定してマイニングできるマザボでスロット数が多いものを買うか、ということになります。(これは実際かなりやって見ないとわからないことなので、ふ〜んて感じでも大丈夫です)

 

安定、安定、これが本当に考えもので、他のパーツの相性もあるので断定ができないのですが、現状私が集めた情報ではマザボのメーカーがMSIかASUSの場合は成功率が高いようです。逆に私の環境のGYGABYTEやASRock(以下のマイニングコミュニティでメンバーの方から教えていただきました)は不安定な傾向にあるようです。

値段的にはMSIやASUSは高い部類に入るので値段が高い=安定している、と安直に考えてしまってもいいのかなと思います。

今回はここまで

具体的な型番やチップセットの種類、マザボのランク(ゲーム用やOC用など)の選び方など、かなり細かく知見や情報がありますのでそこの情報を聞きたい方はぜひコミュニティにご参加ください!

私を含めすでにマイニングをされている方々が多数いらっしゃいますので日本語でなんとか問題を解決したい方にはもってこいだと思います!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA