買わない投機!?ShapeShift社の新サービス Prismとは?

こんにちは

このブログをみている方の中ですでにトレードをしていて、マイニングにいまいち踏み出せない方はいますでしょうか。

今回はマイニングとは少し離れた、でも全く関係ないとも言えないサービスの紹介です。

まず紹介のビデオをご覧ください。

Introducing Prism: The World’s First Trustless Asset Portfolio Platform from ShapeShift.io on Vimeo.

 

 

Shapeshift社について


みなさんShapeShift社をご存知でしょうか。

この会社は様々な仮想通貨を複雑な処理なしにすぐに両替できるサービスを提供している会社です。

よくマイニングの話に出てくるイーサリアムですが、もしあなたが使っている取引所で扱っていなかったとしたらどうでしょうか。一度ビットコインに変える必要が出てきますよね。その際にビットコインとイーサリアムを扱っている取引所(poloniexなど)で変えるというのが一般的ですが、会員登録や本人確認など多くの手順を踏まないと両替することができません。

ここをShapeShift社は受け取りアドレスを入れるだけであとは表示されているウォレットへ送金するだけで自動的に素早く両替ができるサービスをリリースしています。

http://ja.shapeshift.io/#/coins

 

買わない投機とは?


買わない投機と聞いて先物取引?と出てきた方は鋭いですね。まさにそれです。

先物取引を仮想通貨の仕組みを使い安全に行えるようにしたサービスが同社よりリリースされました。

その名もPrism

 

先物取引とは?


ここでは詳しくは説明しませんが、あるものの将来の価値変動を予測して、いくらで買う、売ると行った約束を先にしておくことを言います。

詳しくは投資家向けサイトなどにあるのでご参照ください。

 

さてPrismですがそんな先物取引を取り入れるということで実態はどのようになっているのでしょうか。

 

サービスの基軸通貨はイーサリアム


このサービスの面白いところは基軸通貨がビットコインで無い点です。

というのも、イーサリアムでなければならない理由があるのです。

それがイーサリアムのもつ特徴のうちの一つ、スマートコントラクトです。

スマートコントラクトとは

賢い契約と直訳できますがいまいちピンときませんね。

これは人間でよくやる契約の監視を人間ではなく機械にやらせる、といったものです(厳密には違いますがイメージです)つまり人であれば、やっぱやーめた、ができてしまいますが、機械の場合はそれができません。

例えばAさんがBさんから5万円分ビットコインを買うとした時

Aさんが5万円払ったのにBさんがビットコインの値段が上がったので5万円じゃ譲れないと言いだしました。人って本当に嫌ですね。

という話ではなく(笑)

このように契約が履行されないリスクのことをカウンターパーティリスクと言いますが、これは人間同士だと高くなり、投資家からするといくら美味しい話でも不安材料の一つです。

 

そこでスマートコントラクトの登場です。

ブロックチェーンにAさんが5万円をあげるときに同時にBさんが5万円相当のビットコインをあげるということを書き込んでしまうのです。

このブロックチェーンは通帳のようなもので、資金の出入りを記録しているものですが、人間が手を加えることは基本的にはできません。

例えば先物取引でいうと、今5万円払うので3ヶ月後に今のレートで5万円分のビットコインをもらうということをブロックチェーンに書き込んでしまえば、人がどう思おうが強制的にその契約が履行され、3ヶ月後に当時のレートで5万円分のビットコインが手に入ります。

 

Prismとはどんなサービス?

先物取引は売る場合現物を所持していなくても売れるという特徴がありますよね。

仮想通貨にそれを用いる場合、売る価格を決めてしまい、契約の満期にその時のレートで買いつけてきて売ればいいわけです。その契約を全てイーサリアムの機能を使い安全にかつ強制的に履行してしまうというサービスがPrismなのです。

さらにこのサービス、上記のスマートコントラクトのおかげで契約の履行が担保されているため、本人確認がいらないそうです。

これは大きいですね。

 

イーサリアムを持っている方はぜひ試してみてください!

それではこの辺で

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA