マイニング ドライバクラッシュについて 現時点の対策はこれだ!

みなさんこんにちは

今回タイトルをみて、救われたような気持ちで来られた方、先に謝罪をしておきます(笑)

 

私もそうなのですがなかなかマシンが安定しません。

現時点で私は気がつくたびにチェックして、止まっていればその都度策を講じるという対処療法のようなものでしのいでいます。

自動で再起動するように組んだりすれば済むのですが、プログラムが書けないという致命的な欠陥が私にはあるので今回は私のような意識の低い人でも、簡単にドライバがクラッシュした時の損害を最低限に抑える方法をお伝えしたいと思います!

 

クラッシュの原因


マジで簡単すぎるのでちょっともったいぶるために少しクラッシュについて書いておこうかと思います。

マイニングが落ちる原因のほとんどはドライバクラッシュです。

限界を超えたオーバクロックや、高温下に晒されると、1回の計算ミスがダラララーっと次の計算も狂わせ、悪い時はwindowsまで落とすこともあります。(詳細なメカニズムについては詳しいかた教えてくださいw)

そこで私たちにできることは、マイニングに適したドライバをインストールすることです。

一般的にはRadeonの場合Relive版はよくないとされているそうですが、実際のところ私もわかりません。

私はRelive版でないものをいれています。(ここにリンクを載せてもそれが正しいドライバかの責任が持てないので避けさせていただきます)

最新版や古いバージョン等々色々試しましたが落ちる時は落ちますし、何が引き金になって落ちているのかはわからずじまいです。

今のところ一番怪しいのむしろライザーカードですね。ですが今回はドライバについての話なので言及はしないでおきます。

Nicehashであれば毎回アップデートの時にGithubのページにRadeonのドライバについての言及があります。

RX400シリーズの人はこれを使ってね、的なことが書いてあるので一応従っておきましょう。それで落ちる場合は仕方がないです(笑)

私もそれで1日平均で1回〜2回は遠隔で再起動をかけています。

 

クラッシュ対策


さて、十分引っ張ったのでドライバがクラッシュした時に損害を最小限に抑える方法、行って見たいと思います!

答えはスクショ一枚で終わってしまうのですが(笑)

GTX 1080を3枚さしてマイニングしている様子です。Radeonも同じです。

ポイントはNicehashの複数起動です。

Nicehashを複数起動し1Nicehash1GPUとすることです。

こうすることによりどれかのGPUがクラッシュしてもそのGPUのNicehashが止まるだけでそのほかのGPUはマイニングを続けられます。

このことにより仮に落ちてもそのGPUのみのダウンで留められるので損害を最小限に抑えられます。

 

正直これは自分でもびっくりするくらいのひらめきでした。

もっと褒めてくれてもいいですよ(笑)

そんなの当たり前の方法だろ!などのヤジはコメント欄にてお待ちしております(笑)

 

ただデメリットとしてはやはりめんどくさいです。

例えば私はRadeonが現在23台あるのですがこれをやるには23回同じ作業をしなければいけません。(1回やって安定動作すればあとはしなくてもいいですが)

最後にデメリット書くなよって感じですが、さらにこれをすると、webでNicehashをチェックした時にGPUの台数分workerが表示されます。

23台も出てきたらむしろどれが落ちているのか判断するのすら難しくなるかもしれません。(管理人は1台の特に不安定なマシン以外この方法はしていません)

現状でGPUが10台以下など、割と小規模な環境でマイニングされている方にはおそらくいいソリューションなのではないかと思います。

 

それではこのへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA