日本でマイニングファームを作る意味

みなさんこんにちは

前回の記事に引き続き日本での個人で始めるマイニングファームについて書いて行きたいと思います。

今回は前回の記事の最後でもったいぶらせていただいた、日本でやる意味について書いていこうと思います。

 

回線環境


まずはインターネットの回線です。すでに日本に暮らしていると気づかないかもしれませんが日本はかなりネット回線の品質が良いです。これは速度という意味ではありません。ここでいう品質というのは応答速度のことです。もちろん日本は回線速度も他の国より恵まれており、いい環境だと思います。ただマイニングに関しては実はあまり回線速度は関係ありません。

以前質問で回線速度は早い方が良いのか、という質問をいただきましたが、マイニングは計算の数値のみをやりとりしているので、画像データや映像データと違い通信容量がそこまで大きくありません。その代わりに重要になってくるのが応答速度ということです。

応答速度とはサーバーにリクエストを出して帰ってくるまでの速度のことです。

なぜ応答速度の方が大事なのでしょうか。ヒントはマイニングの配当に仕組みにあります。本来マイニングとは一番早く正しく計算を終わらせた人が報酬を総取りできます。と、なると2番ではダメなのです。2番ではダメなのですか?と言われても、やはり、ダメなのです(笑)

 

ここで問題が出て来ます。

例えば早押しクイズで、先に分かったとしても押すのが遅いと負けてしまいますよね。それと似たように、いくら計算速度が早くても出た答えを提出する速度が遅いと負けたことになってしまうのです。出た答えをなるべくリアルタイムにラグがなく提出する能力、これが応答速度によって変わってくるわけです。

そして幸い日本はその回線の品質もよく、当ブログでも紹介させていただいているNicehashについてもなんと東京にサーバーがあります。

これは日本でマイニングする上でかなりメリットといえるでしょう。

 

治安


いきなり社会問題に切り込むような話題かもしれませんが実は関係があるんです。

マイニングをする際によく注目されるのが電気代やマシンのスペックだと思いますが、ではそれだけで実際にマイニングができるかというとそうではありません。

特に海外で大規模なマイニングを行うとハッキングのリスクはもちろん、襲撃を受ける可能性があります。

これは冗談ではなく、海外の有名なクラウドマイニングを運営しているジェネシスマイニングでは、全て扉はカードロック式でID管理され、入れる人もごく少数に制限されているそうです。

つまり、ただ電気代が安い、土地が安い、というだけで場所を選んでしまうとそれ以外にかかるコストのことが目につかなくなってしまうのです。

その点日本の治安は安定していますし、そもそも爆弾などが飛んでくるなんてこともほぼほぼありえませんよね。

そのような場合、全くセキュリティをしないとは言いませんが、海外に比べてセキュリティにかけるコストが大幅に削減できることになります。

 

 

ビットコインの価値


これに関して一時的なものでありますので、あげるか迷ったのですが一応書いておきます。

現在ビットコインの価格が日本だけ高い状態がよく起こっています。

日本人の多くの方が新規に仮想通貨に興味をもち、購入することで、国内の売り需要より買い需要の方が高まり、結果的に日本国内でビットコインが不足します。それによって日本国内だけ海外よりビットコインの価値が高いなんてことになります。

この場合マイニングは世界共通ですが、取引所は共通ではありません。同じパワーで同じだけ得られた通貨を日本の取引所で高く売ることができれば、単純に利益が増えたことになります。これは常時起こっているわけではありませんが、今すでにマイニングをされている方は美味しい思いをされているかと思います。

 

電気の質


日本は電気の質がとても良いです。

電気の安い国は停電したり、ボルテージが安定しなかったりと電気の質が良くないです。それでも安ければいいと思うかもしれませんが、その質の低い電気を電源ユニットに取り込み24時間稼働させると、圧倒的に早く壊れます。これはすでに海外の肩から直接聞いた話なので本当です。

日本は100Vはずっと100Vですが海外ではそうではないのでボルテージレギュレータと呼ばれる電圧を一定にする装置を噛ませないと家電製品は壊れてしまいます。

これが数台であればいいですけど、数百台となるマイニングファームでそれぞれ用意するとなると、、、これまた初期投資がバカになりませんよね。

そのような点で壁についているコンセントにさすだけですぐ何も気にせずマイニングをできる日本は実は恵まれているんです。

 

以上の理由から私は多くの方が日本では儲からないとされているマイニングですが、あえて日本でやる意味があると言いたいです。

日本に住んでいる日本人だからこそこの恩恵に預かり日本でマイニングしてみては如何でしょうか!

 

個人でマイニングファームの記事は不定期更新で、進展があり次第記事化していきますのでチェックしていただける嬉しいです。普段はマイニングのHow toやtipsなどを発信していきます。

また中規模、大規模でマイニングを検討されている方向けにコンサルティングもやっておりますので、もしご興味あればお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

小規模、個人でのマイニングで、最初から最大効率で設定まで手伝って欲しい!というような要望にもお答えして小規模マイニング向けに安価でのコンサルティングも承っておりますので、お気軽のお問い合わせくださいませ。

なお件数が多い場合、管理人も一人なので締め切らせていただく場合があります。

日本でマイニングファームを作る意味” への3件のフィードバック

  1. あべし 返信する

    こんにちは。はじめまして。面白い記事拝見させて頂きました。!
    個人でマイニング参加しようとしております。
    夜間も動かすので、自宅ではなく、工場などで回そうかと思っているのですがネット環境がなく、モバイルルーターでなんとかしようとしています。ネット回線について本記事では、速度と容量より応答速度?なるものが重要とで記載されているのですがやはり、モバイルルーターなどを使う場合での速度制限に引っかかってこないかが気になります。気になっているモバイルルーターが3日で通信料が10GBを超えると速度制限がかかるようなのです。実際どの程度の通信料になるのかなど、ご教授頂ければ幸いです。

    • miner_taro 投稿者返信する

      記事通り回線速度、量は関係ないです。量は測っていないのでわからないですね(笑)
      ポケットwifiでマイニングしてました。

  2. あべし 返信する

    そうですよね笑 回線速度重視じゃないのにわざわざ測りませんよね!
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA