仮想通貨、マイニングの概念的な話

 

 

 

最近更新が頻度が落ち気味の管理人です(笑)

 

最近仮想通貨について興味を持った方向けに改めて仮想通貨とはどのようなものか、マイニングはどのようにしてお金が生まれているのか、というところをかなりざっくりと噛み砕いて解説していきたいと思います。

すでにわかっている方は、そこは違うだろ、と言いたいところもあると思いますが本記事は理解していただくことを最優先として厳密な正しさは求めないこととさせてください。

 

まず仮想通貨に関してですが、多くの方の印象が「怪しい」や「怖い」と言ったものではないでしょうか。

そこに関してこの記事一つで払拭できるかはわかりませんが、よく比較される電子マネーとの話を交えて考えてみましょう。

まずなぜスイカやTポイントなどは1ポイント1円で使えると思いますか?

それは発行主体が1ポイント1円であることを保証しているからです。

簡単にいうと1ポイント持っていれば、スイカであれば電車に乗るときに1円として使えますよね。

その1ポイントは鉄道会社が1ポイント1円として発行し、後に1ポイント1円で買い戻してくれているわけです。(買い戻すことを約束してくれているとも言えます)そこで私たちは1ポイント持っていたとしても、もし現金として使いたければ発行主体が買い取ってくれるので、1ポイント1円として考えても大丈夫だよね、1ポイント1円として取引しても問題ないよね、と感じて使っているわけです。

日本円も同じですね、日本銀行が発行している紙を1万円なら1万円分の価値があると国が保証してくれているから現金も現金として使えているわけです。

ここまで大丈夫でしょうかw

 

次に仮想通貨です。ビットコインを始めとした仮想通貨は発行主体が存在しません。つまり後に買い戻してくれる人や団体がいないのです。1コイン100円で買って次の日またその1コインを100円に戻して欲しいと言っても買ってくれる人がいなければその1コインの価値は0円ということになります。

つまり仮想通貨の価値はその通貨自体への信頼度で成り立っているのです。

信頼のない通貨は誰も価値を見出さないので誰も高値で買ってくれません。0円のままです。ビットコインのように多くの人の期待を集め、実際に決済でも使われるようになれば、仮にまた1コインを100円に戻したいと思った時でも誰か100円で買ってくれる人がいる、という安心から1コイン100円として全国で取引され始めます。通貨の信頼が置ける、置けないとはどのようにわかるのかというところは技術的な話で不正のしにくさや、利便性、発展性などさまざな観点から決まります。

今ビットコインが30万円ほどですが、それは30万の価値があると思っている人たちが売買しているからその値段なのです。

消えるかもしれない、なんか怖いから使いたくない、と考える方からしたらその価値は0円のままです。

日本に住んでいると今日の100円は明日の100円と言っても過言ではないですが、国の通貨の価値が不安定な場合、今日買えたものが通貨の価値の下落により明日買えないかもしれないと考る人がいます。その場合世界共通で使えるビットコインを買っておけば、明日自国の通貨が下落してもビットコインは世界どこでも同じ価値なので自分の資産は守られると考え、ビットコインの買いに走るわけです。そのような世界情勢も絡んできて現在ビットコインは30万円という価値になっているわけです。

なぜ実在しないもの、空想のデジタル通貨に価値がついているのかがなんとなくおわかりいただけましたでしょうか。

 

では次にマイニングについてお話ししたいと思います。

当記事ではマイニングのHow toをメインに紹介をしていますが、一見するとただパソコンを回すだけでお金が生み出される、なんとも夢のようなマシーンに感じるかと思いますが、いかにしてそのような仕組みが成り立っているのか、その部分を知るとさらにマイニングについて楽しさがわかってくるかもしれません。

 

マイニングとは何をしているのか、具体的にいうと承認作業です。

承認作業とは何か。

AさんとBさんがいたとします。

A⇨B

100万円⇨0万円

 

Aさんが100万円をBさんに送金したいとします。

その場合Aさんはネットワークに対し「Bさんに100万円送りまーす!」と宣言します。

そうすると

A = 0万円

B = 100万円

になりますよね。

当たり前です。でもこの仕組みだと不正ができてしまいます。

難しいかと思いますがゆっくり進めますのでついてきてくださいw

 

どのように不正をするか。

AさんはBさんと悪巧みを考えました。

A「俺の口座には10万円しか入ってないけどお前(Bさん)の口座に100万円送るって宣言するから、あとで半分こしようぜ」と

つまり送金だけを宣言して実行されるシステムだと、送金額が申告制で不正を働けてしまうのです。そこで実際に口座にいくら入っているのか、ということを確認して、本当にAさんは100万円送金できるだけの残高を持っているのか、ということを確かめる監査役を設置する必要があります。ただここでも問題が出てきます。

確かめる監査役の人を買収しようと「本当は100万持ってないけど、お前(監査役)にも30万取り分をやるので承認してくれよ」とAさんが持ちかけられるのです。実際に買収されるのかは問題ではなく、買収を持ちかけられるというところ自体に脆弱性がありますよね。

そこでマイニングの出番です。

マイニングしている人のことをマイナーと言いますがこのマイナー、実は監査役なのです。

世界中に何万何百万といるマイナーたち全員を買収することはほぼ不可能ですよね。これらマイナーがお互いに監視をしあい、一人でも不正をしようものなら他のマイナーの圧倒的数の力によりその悪巧みは世に出回ることなく潰されてしまいます。

実際は膨大な計算を行うことで送金などの処理をしその正確性をお互いに確かめ合っているのですが、認識的にはお互いに正しいかどうか監視し合っているイメージで大丈夫だと思います。

 

ただここでも問題が出てきます。

マイナーたちは、そのビットコインの安全を守るためにパソコンに計算をさせ、お互いを監視させる体制を作りましたが、PCを動かすと電気代だけがかさんでいきます。

安全のために私は貢献するんだ!という心優しい人が全国にいればいいのですが、残念ながらそんな世の中でもないため、マイナーたちにインセンティブを与えないといけません。それが新規通貨発行です。

ここで私たちマイナーがマイニングをする意味、ネットワークの健全性を保つために協力してくれた方には、その貢献度に応じて新規通貨を発行してあげます、という仕組みが出てきます。

たくさんのパワーを使い多くの取引を監視してくれた人には多くの新規通貨を発行してあげます、というルールがネットワーク上で決められているため、それに乗っ取った形でマイナーへは謝礼が支払われていきます。

 

さて、ここで勘の良い方は気がついたはず、電気代でマイナスになるようじゃマイニングやらなくない?

そうなんです、電気代でマイナスになるような状態ではマイナーが存在しなくなるため、通貨の安全性、そして価値が維持できません。逆に言えばその通貨に価値があると信じ続けられる限り、マイナーは利益の上下はあれど必ずインセンティブを得続けるのです。マイニングでマイナスになる=その通貨の崩壊を意味する、というのはここからきています。

ここも一応補足でそんな簡単に崩壊されても困るのでマイナーへ支払われる謝礼の量は動的に(マイナーの増減に応じて)変わるように設計されていますので、電気代の値段より利益が出る形で均衡していくようになっています。

 

いかがでしたでしょうか。

文字ばっかりで途中で離脱してしまった方も多いと思いますが、ここまで読んでくださった方にはマイニングをする意味、ただ利益のためだけにやるのではなく、その仮想通貨の未来を担う作業を一緒にやっているということがわかっていただけたと思います。

 

まだ価値の低い通貨で、マイニングしても赤字になってしまう通貨の実際にはあります、そんな通貨もマイニングにより新規通貨が発行されているわけですが、そんな利益の出ない通貨をマイニングするインセンティブは、その通貨をマイニングして取得し保持し続ければいつか価値が上がるかもしれない、そのような期待からマイナーな通貨もマイニングがされているわけです。

モナコインなどもそのいい例で、最初は趣味でマイニングされていた方が掲示板にちらほらいたと思うのですが、当時は全然赤字だったと思います。ですが現在ではモナコインは高値で取引され(ビットコインと比べるとまだまだですが)マイニングをしても利益の出る通貨となっています。

当時マイニングしていた方は今大きな資産を築いていることでしょう。

マイニングは今利益のでる通貨を掘るということに加え、今後に期待できる通貨にパワーを使い、その通貨を育てるようにマイニングし発展させることで将来大きなリターンを期待する、といった楽しさもあるのです。

 

今回は長くなってしまいましたが、理解していただけましたら幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA