ビットコイン8月1日問題に備えてすべきこと

みなさんこんにちは

 

記事にいかにもなタイトルをつけてしまいましが、超初心者(管理人も含め)向けの記事ですので技術的考察や正しい情報が欲しい方が開発者の方のブログや私の他にもかなり詳しく記事にされている方がいますのでそちらを参考にされてください。

 

さて前回の記事で8月1日問題、コインが二つに分かれるかも、なんて話をしましたがもしそうなった場合、持っているビットコインを失わないために準備しておくことがあります。

 

取引所から引き出すべし


来たる8月1日までに取引所のウォレットからビットコインを引き出して起きましょう。

この場合は資産を引きあげろってことではなくあくまでビットコインのみです。

なのでビットコインのまま保持することを望まれない場合はアルトコインとトレードして変えてしまうか、売ってしまい円にしておくのが安心です!

 

取引所と自分で管理するウォレットの違い


ビットコインの仕組みについてここでは詳しく書きませんが、お金を送金するためには秘密鍵というものが必要になります。そしてそれを自分で管理できるかできないかの違いが、取引所のウォレットと自分で管理するウォレットの違いになります。

署名の仕組みなど厳密に話すと難しくなるので概念だけお伝えするために図を作りました。(実際の処理とは異なります。あくまでイメージです)

 

取引所に預けている場合


取引所にビットコインを預けている場合はこんなイメージです。

送金する際は自分の口座の鍵を取引所に開けてもらわないと仮にお金が入っていようと出金できません。

 

これが引き起こす問題は後述します。

 

 

自分のウォレットで管理している場合


 

自分のウォレットで管理している場合、もちんですが取引所は管理していないので自分で鍵を管理でき

好きな時に口座の鍵を開けることができます。

 

なぜ8月1日備えて取引所からビットコインを引き出すのか


前回の記事でビットコインが二つになる可能性があることをお話ししましたが、2つになった場合具体的にはどのようになるのでしょうか。

まずもともとビットコインを持っている人は勝手に2つのコインを所有することになります。

この自動的に2つのコインを所持することになるということが前回の記事でお伝えした、

「価値は足して1になる」というところに繋がってきます。

2つの通貨を所有する際に価値が2倍になったらそんな嬉しいことおかしいことはありませんよね。

それぞれのコインの価値は市場に委ねられるとして、それら二つのコインの総和は足すと必ず元のビットコインの価値と同じになります。

ただ上で書いた取引所に置いておくと出てくる問題としてここであることが引っかかってきます。

 

思想の違いによりコインが分かれるなんて話をしましたが、この思想の違いは取引所も持っており、ある取引所では片方の通貨しか支持しません(取り扱いません)なんてことは十分にあり得るのです。

その場合前回の記事でお話しした、片方の通貨しか所有していない場合、下手すると価値が0になるというお話をしましたが、もしその0になる方の通貨しか取引所が扱いませんなんて言い始めたら地獄です。

ビットコインの鍵は取引所が持っているので新しく別れた通貨の口座の鍵も同じく取引所が持っていて、その鍵を貸してもらえないと(取引所で取り扱ってもらわないと)引き出すことすらできなくなるのです。

 

それに引き換え、自分で秘密鍵を管理できるウォレットを使っていれば鍵は自分が持っているので、別れた後の通貨の口座の鍵も勝手に持つことになります。

故に安全に2つの通貨を所有することができ、取引所の対応をゆっくり待って取引所に戻してまた取引ができるということになります。

 

自分で管理できるウォレットってどれよ


 

ここは気になった方が多いと思いますが、基本的には取引所が提供しているウォレット以外のウォレットです。

私が一番おすすめしているのはJAXXです。

対応通貨が多いこととパソコン、クローム、スマホで同期ができるので、それらの端末を無くしたとか壊したとかでも何の問題にもなりません。(無くした場合は危ないかw)

 

 

以上かなりざっくりと解説してみましたがいかがだったでしょうか。

何度もお断りをしておきますが、記事の内容は実際に行われている作業とは少し異なる部分や、管理人の勘違いなども含まれている可能性がありますので、この記事だけでなく色々な記事を読んでみて判断されてください。

この記事はあくまでイメージを掴むためのもので色々大事なところを端折りまくってます(笑)

それではこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です