BIOSTAR TB250-BTC Pro 8枚リグ!

いよいよやってきました!

と言うには少し遅れましたが、色々と検証が終わりましたのでそれをまとめたいと思います!

 

今回BIOSTARから12スロットもPCIeスロットがあるマイニングようマザーが発売されましたが、それについて書いていこうと思います。

 

まずは外観

 

うーんすんごい配列w

刺しやすそうではありますねぇ(笑)

マイニング用のマザボなので認識がどうとかそこらへんはもうどのマザーも同じなので設定のところで少し詰まったのでそこについて書いていこうと思います。

 

まずマイニングをする際の大前提の設定をアユートさんがホムペで日本語で書いてくれているのでそこをご覧ください。

こちらからご覧いただけます。

その中で少し私のおすすめと違うところなどつらつらと書こうと思います。

 

ドライバ


私はNicehashを推していますが、そこが公式で16.11.5を推しています。

アユートさんのページのものでも良いですが、私は上記バージョンで特に不具合なく動いているのでそちらをおすすめしています。

 

BIOS設定


チップセットタブ⇨システムエージェントコンフィギュレーション

 

リンクスピード

こちらがデフォルトではautoになっていると思いますのでgen2かgen1にしてください。

MAX TOLUD

TB250(Proなし) のかたは特にMAX TOLUDを3.5GBにしてください。

 

と言った具合で私は動きました。

OSのインストールで少し詰んだのがUEFIインストールです。

windowsをインストールする際にUEFIと書いてある方をインストールしないと起動しませんでした。

(BIOSの設定でUEFIのみに切り替えるため)

windowsをインストールするときはUEFIの方を選択しましょう。

地味にここで2時間くらい詰みました。

 

 

 

こんな感じで8枚認識しました!

 

 

今後発売になるM氏プロデュースのケースに無理やり敷き詰めて動かしましたけど案外温度は低く、、、

意外と常用できそうな感じでした(笑)

 

それではこの辺で〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA