ethOS簡単導入!(第3回)デュアルマイニング

どうもみなさんこんにちは

今回は少しプールの設定を私なりにアレンジしましたのでそれについて書こうと思います。

 

まず成り行きから

前回の記事でethOSを使いnicehashで掘れるようになったと思いますが、私が当初オススメしていた理由として一番利益率の高い通貨を自動スイッチングして掘ってくれるというものがありました。

しかしethOSは決めうちで自動でスイッチングはしてくれません。

nicehashの一番いい部分を潰してしまったんです。

そこでなにが残るかというとpool fee 3%という高い手数料のみです。

どうせイーサしか掘らないなら手数料の安いプールにいきたいですよね。

 

ということで多くのイーサリアムマイナーが使うethermineのプールを使うコンフィグファイルを貼りたいと思います。(コピペで使ってね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

# WARNING! Remove “#” characters to enable lines, with “#” they are disabled and will be ignored by miner! Check README for details.
# WARNING! Miner loads options from this file only if there are not any options in the command line!
-colors 1
-dbg -1
-esm 0
-ewal イーサリアムのウォレットアドレス.ワーカー名
#-eworker WORKER
-allpools 1
-estale 1
#-gser 2
#-allcoins 1
#-wd 0
#uncomment and configure the -dpool and -dwal lines below to enable dualmining.
-mode 0
#-ewal 0xD69af2A796A737A103F12d2f0BCC563a13900E6F
#-epsw x
-dpool stratum+tcp://decred.jp.nicehash.com:3354
-dwal ビットコインのウォレットアドレス.ワーカー名
#-dpsw x
#-esm 1
#-mode 0
#-tt 70
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どのような設定になっているかというとメインはイーサを掘りながら効率も重視したいのでクレイモアのデュアルマイニングを使っています。
でもナイスハッシュじゃないのでそれぞれの通貨を保有しないといけず特にデュアルマイニングでペアになるデコード(DCR)という通貨はマイナーで管理がめんどくさいです。
そこでイーサは取引所のアドレスを使いDCRは今まで通りnicehashにつなぎBTCに変換してもらいます。
これで換金のめんどくさい通貨はBTCになりメインのイーサはpool feeの少ないところで効率よく掘れるようになります。
イーサマインは落ちるとメールもくれます。
nicehashは外部ウォレットを使用している場合はメールくれないのですこし便利になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA