ASICを買ってみた!

どうもみなさんこんにちは

最近ASICの話が盛んになりだんだんと知識だけではついていけなくなったので現物を触らねば、ということでASICを買ってみました(笑)

 

ちなみに詳しい方は期待されてるかもしれませんがまさかAntminer D3なんかではありません。

今回購入したのはBAIKAL社のBaikal giant+です。

 

ダッシュコインのX11をはじめとした6つのアルゴリズムに対応しています。

 

こちらは私がオススメしているナイスハッシュの自動スイッチングも使用できるとのことでよくわからないこれら6つのアルゴリズムもいい感じに変えながら掘ってくれます。

 

ASICネタと言えど結局は採算が合うのか合わないのかっていうだけの話になってしまうので、そこらへんはご自身で計算していただくとして、少し設定で詰んだところがあったのでそれについて書こうと思います。

 

まずどんなASICもそうですが画面がありません。

どうやってオペレーションするんだろうとずっと不思議だったのですが、イメージ的にはwifiルーターのようにipアドレスをブラウザに打ち込んでそこに表示された画面をいじりながら設定をする感じでした。

 

もちろんマイニングように作られた画面のためアドレスとかはプリセットで登録されており、ウォレットアドレスを変えるだけで基本を動くようになっていました。

ナイスハッシュに自動スイッチングをするには一工夫必要なようですが、基本的にはウォレット変えれば勝手に掘り始めます。

 

音はめちゃくちゃうるさいです。

ASIC一台でGPU30枚分くらいあるんじゃないかって音ですw

 

あとまぁまぁ熱もだしますが、それなりのファンがついているので特別やばいって感じではないです。

 

気になる収益ですがだいたい1日2500円ほどほ掘れています。

 

450wほどしか食わないので高く見積もって1日の電気代が300円ほどなので、最低でも2000円ずつは毎日掘れている事になりますね。

 

GPUと比べると圧倒的な収益ですがもちろんお値段もそこそこしますしリセールバリューがないというデメリットもあります。

より戦略的で、ハイリスク・ハイリターンなマイニングをしたいという方には向いていますね(笑)

 

それでは今回はこのへんで!

 

ASICを買ってみた!” への4件のフィードバック

  1. Awayuki 返信する

    INNOSILICON A5といいDash coinはもうAsicに完全に塗り替えられますね

    • miner_taro 投稿者返信する

      すでにダッシュはASICオンリーですね(笑)

      すごい競争になりそうです。

    • miner_taro 投稿者返信する

      なかなかそういう情報は表に出回らないですね。
      なぜなら買えるとしたら自分が全部買ってしまうからです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA