マイニング向け電力プラン登場!(選び方のおさらい)

どうもみなさんこんにちは

ちょっと遅くなりましたが今回はなんとマイニング向け電力プランが出てきたということでご紹介したいと思います。

下記がそれらに関しての記事です。

日本経済新聞

スマートジャパン

 

さてかなり前にこのブログでも電力プランについて記事を上げていますが、その上でおさらいを兼ねてざっくりとお話をしたいと思います。

 

マイニングは電気を大量に消費する


言うまでもなくマイニングは電気をどか食いします。

これでもかってくらい食いますw

その電気がマイニングをする上で維持コストの大部分を占めてくるわけですが、日本は残念ながらマイニング先進国の中国に比べで電気代が高いです。

必ずしも電気代のみが影響するわけではないので電気代が高い日本ではダメだという話には成りませんが、それでも電気代を低く抑えるのはマイニングをするにあたって重要なことです。

 

マイニングする際のプランの選び方のポイント


さっそくですが、マイニングする際はもちろん安いプランで契約するに越したことはないのですが、実際動かしてみないと電気代の計算はややこしくてわからないですよね。

そこでプランの決め手になる要素を紹介したいと思います。

 

単価が変わらない

東京電力を例にだすと、第一段階料金、第二段階料金、第三段階料金と3段階の料金があります。

これらはそれぞれ単価が19円52銭、26円00銭、30円02銭となっています。(詳しくはHPをご覧ください。

これらはサイトを見てもらうとわかるかと思いますが、使用量が多くなるにつれて、電気代の単価が高くなっていくのです。

たくさん使えば使うほど、平均した時の電気の単価が高くなるということは、なるべくスケールを大きくしたいマイナーにとってはデメリットになってしまいます。

またこういうプランに限って最終段階の電気代は非常に高いです。上記の例ですと30円を超えていますが、これでは高すぎて採算が合わなくなってきます。

そこで出てくるポイントが単価が変わらないプランを選択するということです。

これはおそらく上記の例の第一段階料金よりは高いとは思いますが、それでもたくさん使えば東電ですと第三段階料金に収束していくので、そこで比べると固定の単価で第三段階料金より安いということは結果的に電気代を下げることにつながるわけです。

 

 

ランキングサイトはうのみにしない

電力自由化に伴いたくさんの電力会社が出てきてどこで契約すればいいかわからない、そうなればランキングサイトが出てくるのは必至です。

ただうのみにしてはいけません。よく見てもらうとわかると思いますが、上位に食い込んでいるプランはよくわからないサービスやポイントとの抱き合わせで結果的に安くなっているだけです。

前の記事でサニックス電気を見つけた時もそうですが、サニックス電気はランキングサイトにはありませんでした。

googleを5ページ目くらいまで全部開いてやっと見つけました(笑)

ランキングサイト基本的にはマイニングのことは考慮されていません。

一般家庭では使う時間と使わない時間に差があったり、時期によっても差があります。

そこをうまく節約してどれくらい安くなるでしょうって話がランキングサイトの目的であって、電気をとにかく大量に安く調達したいなんてニーズは当たり前ですが考慮されていません。

ですので、マイニングをしようと思っている方でランキングサイトを見ている方は、そこだけで決して決めないように注意をしてください。

 

 

これ以上は差別化の領域です。

 

おそらく法人でやろうとされてる方は全く違った方法で進めておられるかと思いますが、個人マイナーとして選択するべきは上記に挙げたようなポイントを意識するといいと思います。

 

法人の場合は、根本から考え方を変えないとなかなか安くならないのですが、あまり関係ない話なので今回は割愛します。

 

それでは今回はこの辺で!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA