Moneroの収益高騰!?ソフトウェア比較

どうも皆さんこんにちは

数日前からCryptonightアルゴリズムのハッシュレートの買い取り価格が上がっています。

買い取りと言うのはnicehashでの話で直でほった場合の収益はそこまで差はないようです。

イーサの2倍


私も確認しましたがイーサを普通に掘った時の2倍近い利益になっており、いつまで続くかはわかりませんが、nicehashでどんどんBTCに変えているのでモネロが暴落して結局意味なしなんてことにはならないので掘っておいて損はないと思います。

モネロのマイニングソフト


今までイーサを盲信してきたわけですが、モネロとなるとまたマイニングソフトが変わってきます。

そこで今回は主な2つのマイニングソフトを比べてみましたので御覧ください!

RX470 4GB6枚リグ2台で比較しました。

nicehashのバージョンは同じです。

画質悪くてすいませんw

 

左がsgminer 右がClaymore xmrです。

写真ですと

sgminer 4.044kH/s

Claymore xmr 3.940kH/s

となっております。

私は誤差の範囲だなと思いましたが皆さんはいかがでしょうか。

 

これが追い越し追い越されならいいのですが、しばらく覽ている感じClaymoreのほうがsgminerを追い越すことはありませんでした。

ただこの差によって生まれる1日の収益の差は今だと約20円

たかが20円されど20円。。。

 

ソフトウェアによる消費電力の違いを検証してないのでなんとも言えないですが、ここまでの結果ではどちらを選んでも変わらないという感じになりました。

 

ethosでsgminerを使うと全部リジェクトされてしまうという問題が最近良く聞かれますがClaymoreにすれば解決するようです。

環境にあったソフトを使って動けばオッケーだと思います!

 

それではこのへんで~

Moneroの収益高騰!?ソフトウェア比較” への1件のフィードバック

  1. Awayuki 返信する

    nicehashのCryptonightは凄いですね。
    GTX970でさえ収支がプラスになるほどで眠っていたGPUを稼働させてみました。
    GTX970 PL60%で415H/s出ていますので、こんな古いGPUでも利益が出るようになっています。
    私の環境だとnicehashでGTX1xxx系を動かすとリジェクトされてしまって上手くいかなかったですね。
    もともとGTX1xxx系はCryptonightは余り得意じゃなく他のアルゴリズムの方がよいのでまあいいですけど・・・

    とりあえず私はGTX1080や1080tiを持っているので得意なequihashで今日から話題のBitcoin-Zを採掘かな。
    what to mineで収支を見ると今のところは一番収支が良いので期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA