分散型取引所(DEX)という解決策

どうも皆さんこんにちは

 

最近取引所のハッキングでセキュリティについて考えさせられることが増えてきました。

メディアは不安を煽るようなことをたくさん書いているようですので、そこら辺をほぐせるような内容を書いていこうかと思います。

 

 

ハッキングは同じでもハックされた場所によって意味が違う


まず、ハッキングでコインが流出した事件は今回が初めてではありません。

マウントゴックスが有名ですが、それ以外にも海外の取引所やマイニングプール等数々の場所でコインの流出(盗難)はおきています。

このときによく言われる、「ハッキングされて」という部分ですが、この部分だけ報道されるのでそれだけを見た方は、ネット上のなんたらコインはやっぱりハッキングされるとなくなっちゃうんだ、なんかよくわからないけどウイルスが入って盗まれそう、なんてイメージを持ってしまうんです。(現に周りの仮想通貨を知らない人に聞いたらそうでした)

 

ただこれはあくまで取引所がハッキングされただけなんです。

取引所がハッキングされたのか、ビットコインのプログラム自体がハッキングされたのかによって話は大きく変わります。

取引所のハッキングは、何らかのサービスで「ハッキングされて顧客個人情報が流出しました」、というのと同じレイヤーの話です。

中央管理されたどこかのサーバーが攻撃されたわけです。

ビットコインを始めとした仮想通貨はその中央管理されるサーバーを持ちません。故に仮想通貨自体のプログラムがハッキングされない限りビットコインには問題がないのです。(100%ないとは言えませんがビットコインが誕生してからまだ1度もビットコイン自体のプログラムがハッキングされた例はありません。マイナー太郎調べなので漏れの可能性アリ)

 

すごくざっくり誤解を恐れずにいうと

日本円は銀行を襲撃しても手に入りますし、うまいことコピーをして偽札を作ることもできます。

ビットコインは取引所(日本円でいう銀行)をハッキングすればてにはいりますが、コピーは決してできません。

よく盗まれたと言われるのはこの銀行が襲撃を受けているだけの話で、偽札が横行しているなどとは全く別レイヤーの話なのです。

偽札が横行すれば本物のお札の信用価値は下がります。偽ビットコインが横行すれば同じようにビットコインの価値は下がります。

ただ銀行が襲撃されたから日本円が暴落、コンビニのレジから金が盗まれたから円はもうダメだ、とかなりませんよね。

取引所が襲撃されたからビットコインがダメだと言うのは銀行が襲撃されたら円は盗まれるからダメだと言ってるのとほぼ同じ状態です。

 

銀行はいつでも襲撃されるリスクがあり、取引所もまた同じくいつでもハッキングされるリスクがあります。これはどうしようもありません。長い年月をかけて過去に学びセキュリティを強化していくしかないと思います。

 

 

解決策がないわけではない


円には必ず銀行が必要です。

なぜなら円というお金はお札や硬貨といった実態のあるものなのでそれを安全に保管する必要があるからです。

仮想通貨ではどうでしょう。

仮想というだけあって(実際には暗号ですが)実際において管理する必要がないので物理的な障害は考えなくて済みます。

また現在は分散型取引所というのもちらほら出てきており、今までの取引所のように中央管理サーバーを持たない形の取引所とすることでハッキングのリスクを最低限まで抑えられます。

 

分散型取引所(DEX)とは


仮想通貨のブロックチェーン上で動くシステムでコレ自体は一回動いてしまえばコイン同様誰か、またはどこかの組織の一存でどうこうということはできなくなります。

分散型取引所は今までの取引所とは明確に違う部分があります。

それが資産を預からないというところです。

今までの取引所は顧客の資産を一旦預かり、それを証拠金としたレバレッジ取引を可能にしたり、現物取引含め様々な取引を可能にしてきました。

分散型取引所では現物取引に絞って単純に取引をすることに特化し、顧客と顧客同士を直接つなぐことで取引を成立させるようになっています。

簡単に言うと、取引所が中古ゲームショップだとすると、分散型取引所はヤフオクみたいなものです。

あなたが中古ゲームを買い取りショップに持っていくとショップは在庫を持ってそれを販売します。(売る側はその場で買い取ってもらえますが今回は売れないとお金がもらえない設定でお願いしますw)

次の日台風で店ごと飛ばされてしまいました。あなたが売れるまでうちの店においておいたゲームもとんでいってしまったのでなくなりました。と言うのがいわゆる取引所のGOXみたいな状態です。

それに対して分散型取引所は、あなたが中古ゲームを売りたいときにそのゲームの傷や付属品の有無などを細かく調べ、データとしてヤフオクに登録します。

ヤフオクのサーバーがぶっ壊れました、ハッキングされました。となってもあなたのゲームは守られます。なぜなら預けていないからです。

販売が成立するまではゲームはあなたの手元にあります。

この例えだと語弊がありますが、それに気がつく方はおそらく内容を理解されている方だと思うのでスルーしていただければと思います。あくまでざっくり概念の話です。

(中古買取が厳密には例えるなら販売所じゃないか、ヤフオクは中央管理サーバーがあるじゃんと言うのは重々理解してますw)

難しい言葉では相対取引なんて言ったりしますが顧客同士が直接やり取りし約定するまでは自分のウォレットに置いておけるので取引所がハッキングされて自分の資産がなくなるリスクを極限まで減らせます。

 

一方でデメリットも


もちろんいい面だけではありません。

現時点でやはり中央集権の取引所が多く使われるにはそれ相応の理由があります。

 

自己責任

パスワードを忘れた等の問題は普通の取引所であれば本人確認をすることにより多くは解決しますが、DEXの場合は管理する団体がいないためだれもパスワードの復元等してくれません。本来仮想通貨とはそれが普通で自分以外の誰も自分の資産にアクセス出来ないのが望ましいのですが、現状それを利用者に強いるのはなかなか難しいものがあります。

手数料が高い

すべてブロックチェーン上で処理されるため、1回1回の注文で毎回マイニングfeeがかかります。

その処理を履行するためにはその処理の正確性をマイナーに証明してもらわないといけないからです。

使いづらい

これは主観で申し訳ないのですが、多くの中央管理されているサービスよりもなかなか使いづらいです。

UIも見づらいものが多く導入のハードルになっているかと思います。

(最近ですとそこら辺を解決したこんなサービスもあったりします)

 

板が薄い

上記のデメリットからなかなか人が集まりづらく板が薄いです。(板というと語弊がありますが)

大金というほどの大金でなくとも1回で取引しようとすると平均約定価格で思った以上に不利な価格になることがしばしば見受けられました。

 

まとめ


このようにまだまだ課題はありますが、ソリューションとして見えている以上はデメリットを一つ一つ解決していけばいいだけなので、そう遠くない未来に多くの人が使うようになると思います。

 

逆にここまで読んでいただいた方々に考えていただきたいのが、じゃぁビットコインはこれで終わりなのか、ということです。

取引所がハッキングされたからビットコインの価値は0なんでしょうか。

もし少しでもそう思わないのであればこの記事を読んでいただいた甲斐があったと思います。

 

 

カテゴリー: info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.