メモリの話

はい、正直に言います。。。さぼり過ぎました(笑)

 

つまらない話でもいいので指を動かしていこうと思いますw

 

とはいえ、見てくださっている方に無駄な時間を取らせてしまうのもあれなので最近気が付いたメモリの話をすこししようと思います。

 

価格


もう皆さんお気づきかと思いますが価格は青天井なんじゃないかってくらい上がってますよね。

デスクトップ用メモリ DDR4の4GBは去年の7月とか8月とかで私の記憶だと秋葉原で3200円でかえてましたが今はなんか下手したら5000円とかになってます。

倍とまでは言いませんが、なんか倍になってもおかしくないなんて話もちらほら聞きます。

 

在庫


秋葉のPCパーツショップで聞いたところあるにはあるそうですし毎週入ってきてはいるそうです。

GPU程極端に品薄という状態ではないみたいですね。

 

今後の見通し


ASICマイナーがどんどん登場したり新作GPUもそうですがいろいろとマイニングに限らずとも半導体の需要が最近目に見えて増えてきたように感じます。

今やパソコンだけでなく車にもかなりふんだんに使われているとか。。。(車にパソコンが入っているようなものかw)

 

そう考える半導体を必要とする業界の中でPCパーツは最後の最後なんじゃないかという気がしまして

もちろん絞られることはないと思いますが、でかい企業(Appleとか車メーカーとか)がどんどん買い占めメモリをメモリとして売るところにはあまり降りてこなくなるんじゃないかなと思ってます。

そう考えると価格もこれからまだまだ上がっていくのかなとぼんやり考えています。

 

ただここまで需要が拡大しているのに工場が増えないというのも考えづらいのでもしかしたら新しく工場が稼働し、品薄も解消されるのかなと期待しています。

解決策


解決策というのも変ですが、買うことしかできない私たちにできることはケチることだと思います(笑)

というのもethosに限った話なのですが最近気になって4GBが推奨されているのですがDDR3は2GBあるのでそれでやってみたところ普通に動きました。

 

デスクトップ画面でメモリの消費量が見れるのですがなんと500MBちょいでした。

これはGPUを増やしたりマイニングソフトが変わると増えるのかもしれないのですがとりあえずClaymoreでETHを掘る分にはなんの問題のありませんでした。

2GBで8枚挿しで問題なく動作を確認しました!

 

まとめ


4GBから2GBにすることにより価格が半分になるのかというとそういうことではなく、むしろ1枚のメモリ単価でみればコスパは悪化しています。ただマシンの台数にかける金額として全体で見ればコスパは向上しているのでどっちをとるかだと思いました。

とくに2GBなんてものはそもそもあまり売ってないですし、マイニング以外に使い道もあまりないのでどうかなとも思うのですが、今のところ単純にマシンの価格を下げるためにはそれしかないかなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.