モネロ(XMR)フォークまでカウントダウン!

どうも皆さんこんにちは

 

先日の記事でモネロがフォークしコンセンサスアルゴリズムを変えることでASIC耐性を付けるなんて話をしましたが、今回はそれが明確決まりそのフォークまでのカウントダウンが掲載されたのでそれについて触れていきたいと思います。

 

カウントダウンサイト

こちらにアクセスするとフォークまでの時間をみることができます。

毎度のことフォークというのは時間ではなくある特定のブロックから起こるのでここに表示されている時間はあくまでこのままのマイニングの速度の場合この時間、ということなので時々チェックしておいたほうがよさそうです。

 

 

気になるマイニングについて


Nicehashの公式サイトよりモネロのフォークについて言及されておりそこで新しいアルゴも見れるようになっています。

公式サイト

 

もともとモネロのコンセンサスアルゴリズムはCryptonightでしたが新しくCryptoNightV7というものになるそうです。

 

3月の末までにNicehashでも取り扱いが開始されるようです。

またその通知が出るまではモネロは今までのcryptonightで掘れるようです(おそらくnicehashに限った話だと思います)

また新しいアルゴがリリースされた場合、Nicehash minerにそのアプデがセットになりダウンロードできるようになるそうです。

 

それ以外のモネロ直堀の場合はどうするかについては今現在モネロを掘っている人は使っているマイニングソフトがモネロの新しいアルゴに対応するかを調べてみて、しない、もしくはするかどうかはっきりしない場合は一時的にnicehashへの切り替えを今のうちから検討したほうがよさそうです。

 

 

 

個人的に気になるところ


コンセンサスアルゴリズムが新しくなることは特に引っかからないのですがそれに伴って既存のマシンのハッシュレートがどのように変わるかが非常に気になります。

アルゴリズムが違えばハッシュレートは全く異なってくるので今まで800h/sでていたものが100h/sになりました、ということならそれでいいのですが一番の問題は、今までのハードウェア同士の力関係がどうなってくるかです。

 

今までは基本的にはモネロといえばradeonやCPUでのマイニングでしたが、アルゴが変わることでそれ自体が変わっていくのか、それともそのままなのか、ここが一番重要だと思いました。

 

引き続き追っていきたいと思います。

今回はこの辺で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.