ETHのマイニング報酬が過去最低水準

どうもみなさんこんにちは

 

今日はマイニング報酬の推移からいろいろと考察してみたいと思います。

まずはこちらの前提条件から

 

(BTC抜きのアルトコインの価格推移)

 

まず前提条件(仮定ですが)として昨年12月の頭打ちしたBTCの下落によりBTC経由で抜けていったFiatの影響でBTCの下げ率よりも価格を下げていたアルトコインの流れがいったん止まり、再度Fiat→BTC→Altの流れが来てます。

今後価格が上がっていくものだろうという推測のものチャート分析で再度マイニング報酬を見てみます。

 

過去のイーサの価格、DIffを加味した電気代を入れないETHのマイニング報酬の推移です。

 

BTCがクラッシュした近辺でETH市場過去最低水準値まで下がりその後BTCの回復の流れからやんわりと回復傾向にあるように思えます。

 

去年から下げ基調の特にセリクラ近辺はどうしてもセンチメントが下向きになり、FXトレーダーでなければトレンドが変わったのは変わった後で少したってからしか気が付かないと思います。

 

そう考えるとこのETHのマイニング報酬も完全に中立で見ればまた平均値に収束するのではないかなぁと思うのです。

いろいろ知ってしまうとPOSの移行が、とかE3がでたから、とかあるんですが、チャートだけ見ると過去の例から歴史は繰り返すとすると、希望を持ってもいいのではないでしょうか。

 

個人的な希望的観測は大いに入ってますが(笑)

 

 

 

 

カテゴリー: info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA